ブラインドの使い方

引っ越してカーテンを買い換えるときに、気分を変えてブラインドにしてみることにしました。

 

出費を抑えたかったので安いブランドの一番安いものを選びました。

 

触ると壊れやすそうで安いものだとわかりますが、見ている分には高級感があって部屋が引き締まった感じがします。

 

我が家は窓が多いので、普段カーテンが付いている窓を開け、ブラインドの方はあまり動かすことはありませんでした。
この季節になって、部屋に光を入れたり西日を避けたりしたいと感じるようになり、ブラインドをこまめに調整するようになりました。

 

 

暑くて日を避けたいときは日の光が下に行くような角度にブラインドを傾けます。薄暗くて外の光を入れたいときは地面と平行にして光がたくさん入るようにします。
ブラインドの調節としてこの程度だと思ってしばらく使っていましたが、あるとき、薄暗くて光を入れたいけれど、光を入れると暑い、不快な状況になるときがありました。何とかならないかと調整していて始めて気が付いたのですが、日の光が上に行くようにブラインドを傾けると明るくて暑くない快適な状態になりました。

 

 

光が上に行くようにすると柔らかい光が入ってくるようで、部屋全体の雰囲気も変わります。ブラインドの使い方として一般的なことなのかも知れませんが私は知らなくて大発見をしたような気分です。